井出 音 放送局 Coming soon!
April 20th, 2020

 

この度、私たちが音空間プロデュースとしてお手伝いさせて頂きました
シンシアガーデンクリニック高崎院が、2020年4月7日、リニューアルオープン致しました!

私たちは、全館用BGMやサウンドロゴ、エントランス音楽など
クリニックの印象や訪れる方々の居心地に直結する音を担当致しました。

 

中でも、ご注目頂きたいのが、点滴と立体音響をコラボレーションさせた
全く新しい点滴室。

「点滴リウム」といい、”点滴と音のシャワーと皆様の思い出で、身体も心も
美しく元気になって頂きたい”という思いで創られたお部屋です。
音楽はストーリー仕立てになっており、どこからでも自分自身の思い出などのストーリー
が描きやすいように構成されています。
音楽をお届けするのは”ELPHONIC® OXTOCIN”という最新鋭の立体音響装置で、
天から音が降り注ぐような効果が、ストーリーへのより深い没入感へと導きます。

 

是非、シンシアガーデンクリニック高崎院にてご体験ください。

 

 

 

~ シンシアガーデンクリニック高崎院様よりメッセージ ~

 

群馬県高崎市にて美容医療クリニックシンシアガーデンクリニックを開院しております。

美肌治療、アンチエイジング治療を中心に行う
美容医療クリニックとして2016年に開院し
2020年春に移転リニューアルをさせて頂く運びとなりました。

私たちは、お客様が
「自分らしい、自分にしかない美しさに出会ってほしい」
そして、「女性を輝かせたい」という想いで、
医師・ナース・コンシェルジュでお客様をお迎えさせて頂いております。

そのため、医療技術やサービスの向上はもちろん、
お客様が満ち足りた気持ちでお過ごし頂けるよう、快適な空間、心地よさも大切にしております。

移転リニューアルでは、
音や香りなど五感に訴える空間、心地よさの演出にもこだわりました。

特に館内の「音」に関しましては、
井出 研究所 所長である井出 祐昭様によりプロデュースしていただき、
心と身体に働きかける音で館内が包まれております。

特徴的な設備として当院では
点滴を受けられる点滴リウムも設置し、
天から音が降り注ぐような音のシャワーの中、ゆったりと点滴を受けられる空間となっております。

ご来院頂きました皆様が心豊かな日々を送れますよう、精一杯サポートさせて頂きます。
皆様に出会えますこと、心待ちにしております。

 

シンシアガーデンクリニック高崎院

 

 

シンシアガーデンクリニック高崎院

https://sincere-takasaki.com/
〒370-0046
群馬県高崎市江木町1718-4
0120-67-1112

February 12th, 2020

「オキシトシンとセロトニンの奏でる音楽」配信開始!

愛情ホルモン「オキシトシン」や幸せホルモン「セロトニン」が音楽に?
ビタミンや血液型など身近な分子のデータが紡ぐメロディーと
作曲家とのコラボによる全く新しい音楽が生まれました。

特に「分子がメロディーになるってどういうこと?」と疑問に思った方は必見。
iTunes Storeからアルバム購入の方は、
音楽が生まれるまでのストーリーを作曲家が語った
ライナーノーツ(日英)をダウンロード頂けます。

是非お求めください!

January 1st, 2020

November 28th, 2019

YAMAHAさんのメディア「音遊人(みゅーじん)」に、井出所長のインタビューが掲載されました!
「オトノ仕事人」という企画で、音の未来についてじっくりお話しております。

同じ名前の会員向け雑誌にも掲載されておりますので、
是非御覧ください!

新たな音を生み出して音で空間を表現する/サウンド・スペース・コンポーザーの仕事

(画像は音遊人HPより引用)

 

November 18th, 2019

井出所長の特集が、CINRA.JOBにて掲載されました。

「あなたの知らないデザインの世界」という企画で
音の世界についてボリュームたっぷりにお話をしました。

是非御覧ください!

空気や分子も音にする! 深すぎる「空間音」づくりの極意を聞いてきた

November 8th, 2019

昨日、私たちが携わったプロジェクトの原画展にお邪魔してきました!

シリウスという本物の星の光の情報から生まれた音とアニメーションによる
「星の音楽、星のアート」。
子どもたちや、少し疲れた大人たちを、日常を超えた星の世界のイマジネーションへと誘い、
ホッと穏やかな気持ちになれるよう意図されています。(紹介文より抜粋)

私たちは、シリウスの情報を音楽へと変換し制作するお手伝いしました。

表参道にあるHASUNAのフラッグシップショップ内で、
31日より原画展を開催いたしております。
音楽や映像も体験頂けますので是非お立ち寄りください。
HASUNAさんのジュエリーや店内の空気との調和も絶妙で、
居心地のいい空間でした…

作品に関する詳細は、本展主催者である一般社団法人 シンクネイチャーアーツ&デザインのHP をご覧ください。
https://synchnature.com

ジュエリーブランドHASUNA
https://hasuna.com/

 

July 30th, 2019

 

このたび、井出 音 研究所レーベルのアーティスト、TANAKANATAより
初アルバム「Cosmic Words」がiTunes、Apple Musicより配信開始となりました!

 

本作品は、元祖JR新宿駅渋谷駅の発車メロディや表参道ヒルズなど
音の未来を作り上げてきたサウンド・スペース・コンポーザーの
井出 祐昭がプロデュース。

「数学と音楽は宇宙の共通言語」というヒントをもとに、
法則に乗っかった数列をソニフィケーション(可聴化)・音楽化した
チャレンジングなアルバムになっています。

 

なんと、iTunesよりアルバムでご購入頂いた方には特典付き。
各曲の成り立ちと魅力の詰まったライナーノーツが
デジタルブックレット(日英仏訳)としてダウンロードできます。

TANAKANATAの公式HPからもご覧頂けますので、
是非音楽を聴きながらお楽しみください。

 

TANAKANATA 公式HP↓
https://70deg.net/tanakanata/

iTunes, Apple Musicはこちらから↓

 

TANAKANATA 最新アルバム「Cosmic Words」

デジタルブックレット付(アルバム購入特典)
2019年7月30日 iTunes / Apple Music より配信開始
アルバム:1,800円(税込) 各曲250円(税込)

Track List:

  1. 素数の階差
  2. 素因数分解
  3. 素因数
  4. 円周率
  5. フィボナッチ
  6. カオス
  7. カオスリズム
  8. 黄金比
  9. 八音音階と自然対数の低e
  10. 重力
  11. ゼータ関数
  12. 素数のメロディー

June 18th, 2019

平成元年にスタートした、JR新宿駅・渋谷駅の発車メロディ開発秘話について、
有名誌The Japan Timesにて、3ページにもわたり大きく特集が組まれました!

 

元祖発車メロディの開発の背景にどのような理論があったのか、
また所長井出 祐昭のドキュメンタリーとしても読みごたえがあります。

本誌は2019年6月16日(日)発行、The Japan Times On Sundayになります。

また、WEBでも公開されておりますので、是非御覧ください。!

 

We are proud to announce a great article published on The Japan Times,
featuring a historical development done by team Hiroaki Ide: Pioneering Departure Melodies.

 

Departure melodies: Celebrating the jingles’ contribution to the rail experience in Japan

(The Japan Timesより引用)

May 31st, 2019

このたび、新しいWEBメディア「井出 祐昭のいたずら」がOPENしました!

元祖発車メロディや表参道ヒルズの音空間プロデュースなど、
「音」を通じて数々の業績を持つ井出所長。

一緒に仕事をしていると、
仕事人としての洗練された姿を支えるのは、
あふれんばかりのいたずら精神であることが分かってきました。

サウンドプロデューサーとしていたずら好きとして、
その素顔を全開する新しいWEBメディアです。

是非チェックしてみてください!

↓↓

WEBマガジン「井出 祐昭のいたずら」

 

March 11th, 2019

平成元年3月11日、JR新宿駅・渋谷駅で初めての発車メロディがスタートしました。

 

ちょうど30周年である今日、日テレ「スッキリ」にて、
当時の模様や実際のメロディが取り上げられました!

 

毎日百何十万もの乗降客で賑わうホームの大改革。
300種類以上の試作を重ね、教科書としたのは何千年も変わらない「鐘の音」。
「気づかせなければいけないけど、焦らせてはいけない」
「ホーム毎に特徴があるが、複数鳴っても不協和音にならない」等
様々な矛盾点をクリアし、革新的なメロディが創りあげられた過程がハイライトされました。

 


出典:スッキリホームページ (http://www.ntv.co.jp/sukkiri/)

 

番組内では、読売新聞特別編集委員の橋本五郎さんから
嬉しいコメントを頂きました。
「大体乗るときは気が焦っているんですよね。
こういう音楽をかけられると、スーッといい気持ちになって…
このアイディアは傑作ですね!」

 

たくさんのご要望に応え、
詳しい開発ストーリー・インタビュー、そして
全音源と楽譜まで贅沢に盛り込んだセットを御用意しております。
是非お手に取ってみて下さい。
→こちら